読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同僚の外国人プログラマ観察記録

概要

1ヶ月くらい一緒にお仕事している外国人プログラマさんを観察した記録です。

スペック

性別: 男性

仕事内容:
うちの会社のプログラマは、ざっくり JS 等のフロントエンドと、 Java 等のバックエンドエンジニアにわかれているのですが、彼はどちらもやっているようです。

好きな食べ物: はちみつ

たまに、くまさんのようにはちみつを舐めていました。

性格

彼はめんどくさがり屋です。

同僚の Windows ユーザの手伝いをしている時、 "C:¥Program Files¥..." みたいなパスを打ちながら、「めんどくさい。 ああ めんどくさい」
と 100回くらいつぶやいていました。
(普段の彼の環境は mac なので /usr/local/bin)

パスワードを覚えるのもめんどくさいので 1Password で管理しているようです。


PC スペック

マシン: Macbook Pro
メモリ: 16GB
記録媒体: SSD

私が Macbook のメモリを 8G にして喜んでいたら、 「8G 少ないね 16G は無いと」
と言ってきました。

彼にとって、速さは優先度がとても高いようです。

次の日、私の Macbook のメモリは 16G になり、とても快適になりました。
次は SSD にしようと思います。

Jenkins

私が部署を移動した初日、初めて彼と出会った日、彼はチームの Jenkins サーバが遅くて捗らないので、高性能なサーバを用意して載せ替えていました。

その後、 Jenkins Job の設定がモノリシックでのろのろしてめんどくさかったらしく、細かなジョブに分けて、Build Pipeline で繋げる形に書き換えていました。

その日から、デプロイに失敗しても、ビルドを再実行する必要がなくなりました。

未使用のソースコード

チームのソースには他のプロジェクトから横展開して持ってきたものが含まれていました。
中には使われていないソースもありましたが、そのままになっていました。

彼はソースを触る時、使われていないソースを見るのも考慮するのも面倒だったので、未使用のソースを grep するスクリプトを書き、プロジェクトのソースをごりごり削除していました。

ソースコードの行数がチーム能力の指標となる異世界に住んでいたならば、チームの能力は著しく下がったことでしょう。

DB migration

当初、チームの DB 操作は phpMyAdmin で行われていました。
彼は面倒だったので、 flyway を導入し、 DB migration を自動化しました。

JS minify

それまで、チームは js minify を手動で実行していました。
彼は面倒だったので、 Jenkins を使って自動化しました。

minify には、速度と性能のバランスが良い UglifyJS を使っていました。
(たしかね。。)

UglifyJS と Grunt の組み合わせで問題が起きた時、彼は数時間後に pull request していました。

パフォーマンスチューニング

サーバのパフォーマンスが悪く、私はアクセスログや SQL 実行ログでちまちまと確認をしていました。

一方、彼は New Relic を入れて、すべてを見えるようにしました。

CUI

めんどくさがりな彼は GUI よりも CUI を好んでいるようです。
バージョン管理ツール等も、 GUI を使わず、コマンドで済ませています。

log, merge, cp... どれも GUI な私よりも早いです。

彼は ack を使っていました。
なにそれ通信プロトコル? って思っていたら、頭のいい grep なのだそうで、口に出さなくてよかったです。

Java IDE

彼は Eclipse を使っています。
設定を共有するのが面倒なので、 yoxos で管理しているようです。

仮想マシン

私が mac 用の VMWare Fusion を買い、マウスでポチポチ CentOS を入れて喜んでいる頃、彼は Vagrant仮想マシン構築を自動化していました。

私が Chef で頑張っている時、彼は Berkshelf で楽をしていました。

速さ

私の好きな JVM を、彼は嫌いです。
理由を聞いてみたら、「起動が遅いから」といっていました。

私が 5秒かけて JVM を起動している間に、彼は 10回くらい node を起動します。

テキストエディタ

私がぐぐりながら init.el を書いている時、彼は Sublime Text 2 を使いこなしていました。

だろうなっていう気は、若干していました。

異動

そんな彼が、先週、部署異動で去って行きました。
寂しかったので、思い出しながらブログを書いてみました。

私は彼の事が大好きでした。